スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<外国人男性刺殺>フィリピン人容疑者を逮捕…三重県警(毎日新聞)

 三重県鈴鹿市道伯4の短期賃貸型のマンションで18日夜、外国人の男性が刺殺された事件で、県警鈴鹿署は19日、この部屋に住むフィリピン国籍の無職、マガット・メリチョール・モリロ容疑者(53)を殺人の疑いで逮捕した。同署によると、「もみ合っている最中に死んでしまった」と話し、容疑を否認しているという。同署は、死亡した男性の身元確認を急いでいる。

 容疑は、18日午後7時40分ごろ、マンション3階の自宅通路で、男性の左胸などを刃物で刺し、殺害したとしている。同署の調べでは、死亡した男性は40~50代で、死因は出血性ショックだった。

 同署によると、マガット容疑者は車で逃走していたが、18日深夜に現場に戻り、署員に身柄を確保された。【谷口拓未】

鳩山首相、普天間5月決着へ「なんとしてもその状況を作りたい」(産経新聞)
【オトナの旅】熊本・人吉(上)米焼酎良し、温泉良し、人情良し…コドモには分からぬ魅力(産経新聞)
田辺三菱製薬を業務停止=子会社の試験データ改ざん問題-厚労省(時事通信)
働く女性の7割、メタボ自覚=判断基準は「おなかの肉」-民間調査(時事通信)
高齢公務員の給与下げに意欲=仙谷担当相(時事通信)

<自民党>郵政事業PT座長に林芳正氏 離党の園田氏の後任(毎日新聞)

 自民党「郵政事業に関するプロジェクトチーム」の座長に16日、参院議員の林芳正・前経済財政担当相が就任した。同党に離党届を提出し「たちあがれ日本」に参加した園田博之衆院議員の後任。また、郵政民営化を進めた小泉純一郎元首相の次男進次郎衆院議員がメンバーに加わった。

【関連ニュース】
自民党:藤井元運輸相が離党届提出 新党に参加
新党:議員5人確保にめど 参院の中川義雄氏が自民離党届
与謝野氏離党:谷垣氏「残念」、亀井氏「今後の行動期待」
与謝野元財務相:離党届を提出 新党結成へ動き活発化
与謝野氏:新党結成へ、来週にも離党 平沼氏と会談

夫婦の不仲のつけを背負わされ… 奈良・桜井市男児餓死事件(産経新聞)
<日本本土初空襲>忘れず語り継ぐ…東京荒川区・尾久の住民(毎日新聞)
解雇訴訟 元露鵬ら「納得いかない」…東京地裁請求棄却(毎日新聞)
外国人?男性刺殺…短期契約者ら居住マンション(読売新聞)
職場金庫から200万円盗む JA職員逮捕、群馬県警(産経新聞)

ODA座長人事に「遺憾」=受注側が評価兼ねる-外務副大臣(時事通信)

 福山哲郎外務副大臣は12日の記者会見で、政府開発援助(ODA)の事業効率を評価する同省の「ODA評価有識者会議」の座長を務める大学教授が、事業を受注する側である国際開発センターの理事を兼務していたことを明らかにした。受注側と事業評価の責任者が同一人物だった形で、不適切との批判も呼びそうだ。
 福山氏は「不正の事実はない」とする一方、「疑念を持たれても仕方なく、遺憾だ」との考えを表明。所管する国際協力局長ら5人を「厳重に注意した」という。
 外務省は3月末でODA評価有識者会議を事実上廃止。問題視された大学教授も座長を退いている。 

【関連ニュース】
温暖化対策支援を強調=09年版ODA白書
経済関係の強化で一致=ラオス大統領と会談
自民、審議復帰の方向=欠席戦術成果見込めず
「新しい公共」で意見交換=経済・労働界代表と
TICAD会合を5月開催=岡田外相

「ひょっこりひょうたん島」の井上ひさしさん死去(産経新聞)
橋下知事「スケベ心は持たぬ」 大阪維新の会、国政と一線(産経新聞)
元横綱主治医、1億円所得隠し=架空経費を計上-東京国税局(時事通信)
手数料隠しで実刑判決(産経新聞)
<新党>「たちあがれ日本」政策面で自民との違い見いだせず(毎日新聞)

小沢幹事長のGW訪米中止 米側が難色か(産経新聞)

 小沢一郎民主党幹事長の大型連休中の米国訪問が中止になったことが7日、明らかになった。複数の民主党関係者が明らかにした。

 小沢氏の訪米は、キャンベル米国務次官補が2月2日に小沢氏と会談した際に要請。これに対し、小沢氏は「せっかく行くならオバマ米大統領にも十分な時間をとってもらわないと困る」と述べ、訪米に応じる意向を伝えていた。

 民主党幹部は7日、「これは延期だ」と述べ、大型連休中の訪米はなくなったことを認めた。さらにこの幹部は「そもそも民主党から訪米を希望したわけではない。いつ訪米するかは今、決まっていない」とも述べた。

 小沢氏の訪米をめぐっては、キャンベル氏の要請以降、米側から積極的な働きかけがなく調整が滞っていたとされる。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題で、米側が民主党政権への不満を強め、小沢氏とオバマ大統領ら米政府要人との会談設定に難色を示したとの見方が政府・与党内に出ている。

【関連記事】
小沢は裸の王様?「支持率ネット結果違う」と“豪語”も
小沢氏が資産報告を訂正 勝どきの土地など所有
連合会長、静岡会長の発言めぐり小沢氏に謝罪
公式の日米首脳会談見送りへ 米側、日程確保厳しく
12日にも米中首脳会談 鳩山首相との会談予定言及せず
「中国内陸部の資源事情とは…?」

4年前の強盗容疑で2人逮捕(産経新聞)
「パーマゆるい」と因縁、料金の倍額脅し取る(読売新聞)
<核兵器廃絶>プラハ演説から1年 被爆者、決意新たに(毎日新聞)
<足利事件報告書>虚偽自白の危険性…可視化論議に一石(毎日新聞)
<外交青書>安全保障は日米機軸…東アジア共同体に含めず(毎日新聞)

「学ぶとは、自分で考えて」=ノーベル賞小林誠氏が講演-神戸大入学式(時事通信)

 神戸大学の入学式が6日、神戸市中央区の神戸ポートアイランドホールで行われ、ノーベル物理学賞受賞者で日本学術振興会理事の小林誠氏が記念講演し、「考え方は一人一人違っていていい。学ぶとはどういうことか、自分で考えて学生生活を充実させてほしい」と新入生にエールを送った。
 小林氏は「何を学ぶか」と題し、約30分間講演した。「深い専門知識と広い視野の両立が課題」とした上で、「未知の領域の解決の糸口は思いがけないところにある」と指摘。ノーベル化学賞受賞者の下村脩氏のクラゲの発光に関する研究を例に、「当初は予測されていなかったが、今ではなくてはならないものになっている。どんな研究もこうした可能性があり、(こうした研究を)たくさん持っていることが社会の厚みであり、財産だ」と、研究の多様性の重要性を強調した。 

【関連ニュース】
〔ニュース解説〕日本人に6年ぶりノーベル賞
〔写真特集〕日本人ノーベル賞受賞
邦人建築家が百貨店改修へ=プリツカー賞の妹島、西沢氏
クラゲ水族館「すばらしい」=ノーベル賞下村さんが訪問
妹島、西沢両氏にプリツカー賞=建築界の権威、日本人4度目

私のしごと館 わずか7年で幕 京都31日閉館(毎日新聞)
万引きで大阪市職員逮捕=09年度だけで20人目(時事通信)
蓮舫議員「省庁にお伺いを」…1年生仕分け人指導(読売新聞)
空を流れる黄河があった(産経新聞)
キンカチョウのゲノム解読=さえずりの解明期待-国際チーム(時事通信)
プロフィール

おおくまたけひこさん

Author:おおくまたけひこさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。