スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<元次官宅連続襲撃>謝罪の意思みせず 傍聴席むなしく(毎日新聞)

 「どうしてこのような思考の人間が生みだされたのか」。08年11月、元厚生事務次官宅連続襲撃事件で社会を震撼(しんかん)させた小泉毅被告(48)。謝罪の意思をみせず、法廷で「殺したのは人ではなく、心の中が邪悪なマモノ」と事件を正当化する持論をまくし立ててきたが、30日にさいたま地裁で言い渡された死刑判決には無言で聴き入った。傍聴席の遺族らは、その後ろ姿をやりきれない表情で見つめた。

 午後1時半開廷。小泉被告は黒のダウンジャケットとジャージー姿で証言台に立ち、伝田喜久裁判長に「判決理由から言いますので椅子に座ってください」と告げられると無表情のまま着席した。あごをやや上げ、正面の裁判長を見据えた。

 「愛犬をどれだけかわいがっていたにせよ、(あだ討ちで)正当化できるはずもない」「法廷で正当性を主張し続け、被害者を冒涜(ぼうとく)してきた」。断罪の言葉が続き、午後2時6分、裁判長が「死刑に処する」と言い渡しても微動だにしなかった。退廷前に一瞬、小泉被告は傍聴席に目をやり、口元を緩めたが一言も発しなかった。

 傍聴席には、殺害された山口剛彦さん(当時66歳)と妻美知子さん(同61歳)の長男琢磨さんの姿があった。

 「両親が戻ってくるわけではなく、達成感のようなものはあまりありません」「被告を憎むというよりは、どうしてこのような思考の人間が生みだされたのか、という思いを強くしながら傍聴しておりましたが、最後まで納得することはできませんでした」。閉廷後に公表したコメントからはむなしさが漂う。

 妻の吉原靖子さん(73)が重傷を負った健二さん(78)は「被告人のような人間がこれからも生存を許されれば社会の安寧と秩序は保たれないであろうと思う」と癒えるはずもない感情を吐露した。

 一方、小泉被告の弁護人は「被告は豊かな人間性や温かい心も持っている人と考えている。それを法廷で出し切れなかった。控訴審でしっかり精神鑑定をしてほしい」と話した。【飼手勇介、町田結子】

 ▽さいたま地検の長崎誠次席検事の話 検察の主張が全面的に認められ、妥当な判決が得られたと思う。

【関連ニュース】
元次官宅連続襲撃:小泉被告が控訴 死刑判決不服で
元次官宅連続襲撃:小泉被告に死刑 さいたま地裁判決
元次官宅襲撃
元厚生次官宅・連続襲撃:小泉被告に死刑判決--さいたま地裁

非訴訟派被害者も救済へ=裁判と並行、5月までに-政府(時事通信)
特養の介護職員による吸引や経管栄養、一定条件で可能に(医療介護CBニュース)
規定ない“名誉顧問”に給与月50万円 立命館(産経新聞)
神奈川県不正経理、副知事2人を事実上更迭へ(読売新聞)
ビルの看板外れかけ、はしご車出動 大阪・四つ橋筋で一部通行止めに(産経新聞)

<オウム>松本死刑囚の弁護士1人、処分を変更 日弁連(毎日新聞)

 オウム真理教の松本智津夫(麻原彰晃)死刑囚(55)の控訴審で弁護人を務め、所属する第二東京弁護士会から業務停止1カ月の懲戒処分を受けた松井武弁護士に対し、日本弁護士連合会は、より軽い戒告処分に変更することを決めた。裁決は今月9日付。ともに弁護人を務めた松下明夫弁護士については、仙台弁護士会による戒告処分を支持した。

 弁護士の懲戒処分には、重い順に▽除名▽退会命令▽業務停止▽戒告--の4種類がある。

【関連ニュース】
東京地検:弁護士と元妻を8億円脱税で起訴
日弁連会長選:再投票で宇都宮氏当選
懲戒請求:弁護士6586万円着服 地位悪用し 愛知
日弁連:会長選再投票は10日 都市対地方の構図で激戦に
詐欺容疑:国選弁護費用を水増し請求、弁護士逮捕 岡山

震災再開発地区で代執行 兵庫県、唯一明け渡し拒否(産経新聞)
赤坂ゴンドラ落下事故 被疑者不詳のまま書類送検(産経新聞)
築地市場の移転関連予算、予算特別委で可決(読売新聞)
<金子みすヾ展>大阪で開幕…没後80年、大丸心斎橋店(毎日新聞)
北教組起訴 規律・順法意識欠如の結果(産経新聞)

民主・平田参院国対委員長、閣内対立に「あの顔ぶれだから」(産経新聞)

 民主党の平田健二参院国対委員長は26日の記者会見で、郵政改革法案をめぐって亀井静香郵政改革・金融相や仙谷由人国家戦略担当相らが対立していることについて、「あの顔ぶれを見てごらん。普段から一言二言多い人たちばっかりの集まりだから。それぐらいのことはあるだろう」と述べ、事態は早期に収拾されるとの見方を示した。

 平田氏は「あなた方(マスコミ)が閣内不一致だとか不協和音だといっても、彼ら自身はあまり感じてないんだよね」と論評してみせた。

【関連記事】
郵政改革法案、内閣バラバラ 亀井氏「決めた」、仙谷氏「再検討」 
郵政改革素案 金融界の反発激しく 限度額上げ?巨大「官業」に焦り
郵政改革素案 巨大公社化は許されない
亀井郵政改革相「決定プロセスは元に戻さない」
郵政法案骨子で原口総務相「混乱と思わない」
あれから、15年 地下鉄サリン事件

<強盗容疑>都立高教諭を逮捕 顔殴りバッグ奪う(毎日新聞)
ダイヤ優先、規定違反6件…大阪の地下鉄事故(読売新聞)
阪大准教授に停職6カ月処分 深夜の研究室で女子院生と2人きり (産経新聞)
強風で線路に布団や洗濯物が次々落下、計約1万9200人に影響 JR阪和線と関西線(産経新聞)
<訃報>金嬉老さん81歳=寸又峡事件の元受刑者(毎日新聞)

藤川市議を擁立の方向=参院比例に-自民(時事通信)

 自民党は20日、夏の参院選の比例代表に青森県八戸市議の藤川優里氏(30)を擁立する方向で最終調整に入った。月内に結論を出す方針。
 これに関し、同市が地元の大島理森幹事長は同日、盛岡市内で記者団に「話題になっていることを踏まえ、いつかは判断しなくてはならない」と述べ、擁立に意欲を示した。藤川氏は2007年の八戸市議選に出馬し、トップ当選した。その後、インターネットなどで「美人すぎる市議」として話題を集め、テレビや雑誌などでも取り上げられた。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

ツイッター界、ニセ首相騒動も…認証追いつかず(読売新聞)
老人施設「たまゆら」火災で運営団体のNPO認証を取り消し(産経新聞)
<S-1>初の総合王者にNON STYLE 1億円獲得(毎日新聞)
役員年金打ち切り「同意必要」=もみじ銀の勝訴見直し-最高裁(時事通信)
小林氏陣営に提供1600万、北教組口座から(読売新聞)

84歳女性殺される=窒息死か、自宅で発見-兵庫(時事通信)

 兵庫県三田市弥生が丘の無職大下タヨリさん(84)宅で19日、大下さんが死んでいるのが見つかり、兵庫県警捜査1課と三田署は20日、司法解剖の結果、首の圧迫による窒息死とみられることから、殺人事件として同署に捜査本部を設置した。大下さん周辺でトラブルがなかったか、調べを進めている。
 捜査本部によると、19日午後4時ごろ、大下さん宅を訪ねてきたおいが、大下さんが布団の中で死んでいるのを見つけ、119番した。
 三田署員が駆け付けたところ、大下さんは布団に部屋着であお向けに寝た状態で、鼻や口から血を流していた。 

【関連ニュース】
元看護師の死刑確定へ=福岡連続保険金殺人
元暴力団の死刑囚、二審も懲役20年=上申書で発覚の保険金殺人
無罪判決に検察側控訴=大分強盗殺人
体持ち上げ、つるしたロープに=自衛官の自殺偽装事件
保険金、容疑者で分け合う=妻が受取人、1億数千万円

可視化法案見送り 今国会 参院選後に時期協議(産経新聞)
DNA解読、高速化に道=電流で塩基識別-大阪大(時事通信)
<トヨタ>プリウス「不具合なし」千葉・松戸の事故で県警(毎日新聞)
未発見の密約関連文書「在任時に確認」証言へ(読売新聞)
放鳥トキ2組が営巣=初確認、繁殖に期待-環境省(時事通信)
プロフィール

おおくまたけひこさん

Author:おおくまたけひこさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。